生命保険の保障金額について

ベースとしては、万一のときのその後の生活費をイメージした上で、お子様の教育費や、収入として遺族年金や働いて得られる収入を考慮して、試算します。

これを試算すると、多くの家庭では加入当初、あるいは末子が生まれたときが最も多くの保障を用意しておく必要があり、その後、子供の成長に合わせて徐々に減っていくという推移をたどります。

ご家庭によって、そうなるかどうかは異なるので検証は必要ですが、徐々に減っていくのであれば「逓減定期保険」や「収入保障保険」という種類の保険で用意しておくと、割安で効果的です。